July 15, 2016

うな重

一年の後半が始まる7月。上半期にお世話になった人達への感謝を伝える月でもある7月。その代表格であるお中元。今年のお中元人気ランキング1位は、国産うなぎ3種セット(楽天)でした。

毎年、下旬が近付くと必ずと言っていいほど話題となる「土用の丑の日」。「丑」ってうなぎって読むんだっけ?と勘違いしてしまいそうになるほど、うなぎがあらゆるメディアに登場。

一人でも多くの奥様にうなぎを手に取ってもらえる様、一人でも多くのお父さん達にうな重を食べてもらえる様、うなぎに関わる人達が必死になるこの時期。

丑(うし)の日なのに、何で牛を食べないの?
平日の日もあるのに、何で土曜なの?と小さい頃、思っていたのは私だけでしょうか?

土用の丑の日にうなぎを食べる習慣の由来については、これも諸説ある様ですが、幕末の学者平賀源内が発案したという説が最も有名です。

商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売る為、源内に相談しました。源内は、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めました。すると、その鰻屋は大変繁盛しました。

その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したと言います。丑の日と書かれた貼り紙が効力を奏した理由は諸説あり定かではありませんが、一説によれば「丑の日に「う」の字が附く物を食べると夏負けしない」という風習があったとされ、鰻以外には瓜、梅干、うどん、牛肉(うし)、馬肉(うま)などを食する習慣もあったようですが、今日においては殆ど見られません。

ちょっとしたところに商売のヒントが隠されていますね。

7月が感謝を伝える月と言うならば、毎日が健康であることに感謝しながら、うな重を食べて、この暑さを乗り越えたいと思います。


Posted by p-management at 09:30:00 | from category: Main | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments

ゆで太郎:

暑いよ〜
(July 20, 2016 12:59:32)
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)