February 04, 2008

エコドライブしましょう!

最近のガソリン高騰によって車でお仕事されている方は大変だと思います。1円でも安いガソリンスタンドを求めて・・・なんて苦労されている方も多いと思います。

そこで意外にコスト削減に威力を発揮するのが、今流行の「エコドライブ」です。

各省庁や団体がいろいろな見本となる運転方法を公開していますが、特に急発進を止めたり、アイドリングストップを心がけるだけで一般的に20%程度の燃費向上ができると言われています。

更にタイヤの空気圧やエンジンオイルなど燃費向上の盲点も点検されることをお奨めします。

ガソリン代節約という目標は、余裕をもった時間で余裕をもった運転をすることに繋がりますので安全運転という観点でも一石二鳥です。

短距離なのに慢性渋滞で時間がかかっていたような目的地へは、思い切って電車やバスを利用してみると、以外に時間の節約になることも・・・

(by ヨシ)


09:52:00 | p-management | comments(0) | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

February 01, 2008

ムダな会費はけっこうある


どんな会社でも色々な団体や会合に入って結構な額の会費を払っています。

例を挙げればキリがないのですが、法人会、商工会、同業者組合、親睦会、取引先の協力会等など、入会時には意味があっても数年経つと全く活用できていないのに会費を払い続けているということがよくあります。

取引先の協力会もその会社と取引がもう無くなっているにもかかわらず、会費を払い続けていることも多いですよね。

請求書が毎年届いて振り込むのであれば気が付くのですが自動引き落としが多いので、ムダな経費を知らず知らずのうちに払ってしまっています。

是非一度チェックされてみてはいかがでしょう。

(by ヨシ)


09:40:00 | p-management | comments(0) | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

January 31, 2008

人材派遣や外注の利用を!


どんな会社でも人件費はコスト削減の大きなテーマとなります。

従業員を雇うか、人材派遣や外注などアウトソーシングで賄うかは経営者にとっての大きな手腕であり選択肢です。

雇用契約に基づいて、労務の対価として従業員に支払われる給与や賃金は、課税仕入れの範囲から除外され仕入れ税額控除の対象となりません。

つまり給料には消費税がかからないためいくら支払っても、売上にかかる消費税から差し引くものがありません。健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料などにも仕入れ税額控除はありません。

一方、人材派遣会社への費用や外注費は、仕入れ税額控除の対象になり消費税の節税効果もあります。アウトソーシングを活用することで、人件費のような固定費を変動費に変えて、負担を軽くすることは大きなメリットです。

(by ヨシ)



09:55:00 | p-management | comments(0) | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

October 29, 2007

必要経費になるものは必ず計上しよう

個人事業主の所得は、売上高から必要経費(売上原価と諸経費)を差し引いて計算します。

売上高−必要経費(売上原価+諸経費)=所得金額

所得金額が小さくなれば税金も少なくなりますが、売上高を減らしたり、売上原価(仕入高)を増やすといったことは、できません。

これは脱税です。

できることは売上高や仕入高の計上時期をずらすことだけです。

従って、所得税の節税ポイントは諸経費をいかに増やすかにあります。

そのためには、経費計上の根拠となる領収書・請求書などの証憑書類をとって保存しておくことが必要です。

さらに、その領収書には何のための支出かを書いておくとよいでしょう。

お客様の帳簿を見ると、色々な支出が経費として認められているにもかかわらず、経費として計上されていないというケースもあります。

例えば、家事関連費用(家事と事業の両方にわたって発生する費用)です。

電気代や電話代など、住まいと事務所が一緒になっている場合には、家事の分も事業の分も支払は一緒になってしまいます。

そのため経費として計上するのを忘れたり、ためらって計上していないということも少なくありません。

所得税の節税のためには、これらの経費をもれなく計上する必要があります。

事業だけでなく生活全般にまで視点を広げて、支出をもう一度洗いなおしてみましょう。

分からない点がありましたら、いつでもご相談下さい。

お待ち致しております。

(byリョウ)

09:43:00 | p-management | comments(0) | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

October 04, 2007

小規模事業者は現金主義を採用しましょう!

個人事業主の皆様!売上計上はどうされてますか?

税法では、売上を計上する日は、商品の引渡し、またはサービスの提供が完了した日とされています。

販売代金が入金されているかどうかは関係ありません。

例えば、年末に未収になっている販売代金があれば、これを売掛金に計上する必要があります。

ところが、小規模事業者については、現金主義といって、販売代金が入金した日に売上を計上する方法も認められています。

現金主義では、必要経費も実際に支払った日に計上することになります。

この入金、または支払には、金銭だけでなく、小切手・手形によるものも含まれています。

現金主義で売上等を計上すれば、記帳の手続が簡素化されますから、事務処理上のメリットがあります。

更に現金主義では、未収分の販売代金については、その売上計上を翌年に繰延べることもできますので、節税にもつながります。

尚、現金主義の特例の適用を受けるためには、その適用を受けようとする年の3月15日(その年の1月16日以後に新たに開業した場合には、開業した日から2ヶ月以内)までに、「現金主義の所得計算による旨の届出書」を所轄の税務署長に提出しなければなりません。

トシ:「リョウ!2日続けてまじめな話を載せているけど、どうしたの?少しつまらないにゃ〜」

リョウ:「何を言っているんですか。うちの会社は何をしている会社なんですか?」

トシ:「経理事務代行、中小企業様・個人事業主様のコスト削減のお手伝い、正義の味方!プラスマネジメント(株)」

リョウ:「はい!良く出来ました。良し良し!」

ヨシ:「何ですか?」

(byリョウ)

09:53:00 | p-management | comments(0) | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks