October 07, 2017

秋のことわざ

「涼しい」が徐々に「寒い」に変わり始める衣替えの十月。

食べ物も美味しくなる今日この頃です。つまり、10月は何かと「変わる月」なのです。

秋と言えば、○○の秋が定番ですが、秋のことわざを知っていますか?

「一葉落ちて天下の秋を知る」
一枚の葉が落ちるのを見て秋の訪れを察すること。わずかな予兆から後の大きな動きを察知する。仕事でもわずかな予兆で雲行きを察することってありますよね。先読みできれば仕事が楽しくなります。

「秋の日と娘はくれぬようでくれる」
秋は日が暮れないようで急に暮れる。娘も嫁にくれないようで急にくれる。契約はくれないようで、くれる。 顧客が何に問題を感じ何を解決して欲しいかを理解すること(難しいけどまずはそんな気持ちを持つ)

と言うように、ビジネスに結びつくものが多いのが秋のことわざです。

お盆を過ぎると、一年の終わりが近づいてくるのが早く感じます。

気候の変化で、上着をもう一枚羽織るかどうかで迷うなんてことも多いと思いますが、体調管理には十分に気を付けたいですね。


09:30:00 | p-management | comments(0) | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks